2017年1月28日土曜日

公園で  At the park

早朝散歩で甲斐犬子犬のカンタがやって来ました。現在、生後5か月ですが、こうやってタイガと並ぶとカメラのせいで大きさがほぼ同じに見えることがあります。カンタの体重は今12kgくらいだそうで、タイガの22kgよりずっと少ないので、カメラを通してではなく実際に見ると、親子ほどの体格の差があります。

5-m old puppy: Kanta (left), & Taiga (right), waiting for a treat


カンタの飼い主さんが出したおやつが待ちきれなくて、タイガが「伏せ」をしました。 日頃から私はタイガが興奮している状態だと食べ物を与えないので、よその人にもこうやって伏せをして落ち着いたことをアピールすることがあります。カンタは自分の横でひれ伏すタイガを茫然として見ていますが。

どちらかが落ち着いてももう一方が動きまわるので、ボケた写真しか撮れません。

またしてもタイガが伏せでアピール。

念押しでカンタの飼い主さんの脚にすがりついてしまいました。

両方とも落ち着いたところで、やっとおやつをもらえました。

タイガが何か見つけて振り回し始めました。
Taiga finds a glove

手袋が落ちていたようです。カンタに見せつけながら楽しそうに前を行くタイガ。
Taiga shows off

タイガがすることを真似したがりのカンタは狙っています。
Kanta wants it

カンタが飛びついた瞬間、タイガが咥えていた手袋が落ちて、
Taiga drops the glove


それを盗ったカンタをタイガが追いかけます。
A chase begins

必死で追いかけるタイガ。
"Catch me if you can!"

何とか追いつけそうになると、

身軽なカンタが引き離します。



散々走り回ったあと、

カンタが手袋を独り占め。
"It's mine!"

そのうちバリバリ噛んで食べそうになったので、飼い主さんが取り上げようとしたら、唸る、唸る。しつけとして私も加勢して地面にカンタの体を押さえつけたら、怒りの矛先を飼い主さんに向けて手を噛みました。そこで私が子猫のように首の後ろの皮をつかんで宙吊りにしてお終い。私は普段、タイガの8kg入りのフードの袋を持ち上げるのにさえ気合いをいれなければならないのに、今朝は12kgのカンタを片手で持ち上げたことになります。火事場の馬鹿力?



一息ついた頃に、朝の他のメンバーが到着しました。小型柴のゴンちゃんと、コーギのポーラちゃんに、

ポーラちゃんと一緒に飼われている甲斐犬ミックスのジャズ君と

ドーベルマンのエマちゃん。エマちゃんは超寒がりなのでジャケットを着ています。

エマちゃんとゴンちゃんは大の仲良しなので、顔を合わせるとじゃれ始めます。



 まるでドーベルマンに襲われているような光景ですが、ゴンちゃんは楽しくてしょうがない様子です。

2017年1月27日金曜日

大雪ナツメ苗  New jujube plant

注文してあった「大雪ナツメ」(別名「スーパージャイアント」)の苗が届きました。去年の夏に買った日本ナツメ苗の乳白色の果肉がとても美味しかったので、青緑色の硬い果肉のよりずっと良い印象を受けたため、正月の間にいろいろ検索していました。

ちなみに米国では「Li」という品種が人気のようで、中国のサイトを検索していたら「梨棗」(Li Tsao?)というのがありました。たぶんこれだろうと思い、日本国内のサイトを検索しましたがヒットしないので諦めて、同じ白色系で品種特性がずっと優れていそうな大雪ナツメにしました。この品種なら日本で随分前から販売されているので、取扱い店は多数ありました。

で、今朝届いた苗がこれ。佐賀県の「いちかわ」という店で、今回初めての取引でした。
実は、ポチる前に念のため電話して「店のサイトに掲載されているような地上70cm位の苗」が有ることをオーナーの方に確認してもらったのですが、届いた箱を開けたとたん、目線が上から下の方へと落ちました。地上40cmあるか無いかの苗です。

大雪ナツメ (Super Giant)


落胆したので苗をお昼過ぎまで玄関先で放置していましたが、午後にビニールポットから出してみました。

腐葉土100%のような真っ黒い土を落とすと、根っこが少ない。

とにかく10号ロングスリットに植えつけ。土は花と野菜用の用土に、鉢の下の方は軽石を多めに、上のほうは鹿沼土を入れて、砂のかわりに排水性を確保しています。砂は値段が高いし、鉢を動かすとき重くなりすぎて使い勝手が非常に悪いです。今年の秋までにどーんと成長するよう、肥料をたっぷり入れておきました。





ちなみに、「大雪棗樹苗」で検索すると中国のサイトでいろいろ出てきます。
https://detail.1688.com/offer/43626049417.html?spm=0.0.0.0.Tua5iC

上のサイトを下の方へスクロールすると、品種特性のパラグラフがあるので、私の勝手な願望と想像に基づく訳もつけておきます。あくまでも、栽培する上で将来のための参考として個人使用が目的です。

『特点
大雪枣主要有如下特点:
大雪枣果个特大、外形美观、果实品质好

单果重52g,最大l18g,一个大型罐头瓶只能装得下2个最大枣果,打破了枣历史上单果重的记录。果实扁圆形,两端稍平,外观紫红、果肉白色、肉厚核小,可食率97.3%,肉质细嫩、脆甜、清香爽口,可溶固形物35%,干枣含糖73.6%,极耐贮运,品质上等。』

特徴
大雪ナツメの主な特徴:
大雪ナツメの実は特大、美しい外観、果実の品質良好
平均果重52g、最大で118g、これまでの常識を破るような大実・平均果重
果形は丸く上下の両端がやや扁平、果皮は紫がかった紅色、果肉は白色、肉厚で種が小さい、可食部は全体の97.3%、果肉は緻密、シャキシャキ甘く、爽やかな香りと食感、可溶性固形物35%、乾燥果にすると糖度は73.6%、貯蔵に耐え、品質上等。

2017年1月22日日曜日

ミネオラオレンジ  Minneola Orange

2階のバルコニーでただならぬ音がしたので、昼間からハクビシンが出たのかと思って上がってみたら、ヒヨがミネオラを突いていました。3月の収穫を楽しみにしていたのに!
メジロはクチバシがデリケート過ぎるのでオレンジを突くことはありませんが、ヒヨはゆだんなりません。


下のほうの実には「置き土産」までありました。遅ればせながら、このあと防鳥ネットを掛けておきました。




----------------------------------------------------------------------------------

正月にアリババ市場で初めて買い物をしたのが先ほど届きました。北京の出品者が出していたナツメです。去年の秋に、直輸入している日本国内の業者から買ったのと同じ和田玉ナツメです。商品代価、ドル円レート、カード会社の手数料など含めて、日本の業者からのオールインコストとほぼ同じです。

 裏の説明は、漢文が大の苦手だった私でも何となく理解できました。

開けてみてガッカリ。日本の業者から買ったものの方が大粒でした。

そもそも購入する気にさせたのは、この↓ 左側の(ours = 当社商品)の、ふっくら美味しそうな写真でした。が、実際に送られてきたのは乾燥度合では日本の業者経由のと同じだし、また下の写真の「ordinary」というのとそう変わりありません。

aeProduct.getSubject()











2017年1月21日土曜日

公園で  At the park

昨日までの寒波は、東京に雪を降らせることなく通過して、今朝は例年の暖かい冬日に戻っていました。日も長くなったので、早朝散歩が少し楽になりました。

タイガが落ちていたおもちゃを見つけて私に「取りに来い」と誘っています。
Taiga finds an abandoned toy, wants me to go and get it
 無視していると、
As I ignored her.....
 体をこすりつけて自分の臭い付けを始めました。
She starts rubbing her scent on the toy


ケアンテリアのチャンプ君が来ました。タータンチェックの防寒着です。
Cairn Terrier: Champ, 4 months old
 タイガが通る車に気を取られてよそ見をしているうちに

おもちゃ目がけて突進。
Champ wants Taiga's toy

タイガは自分の頭でブロックして取らせません。
Taiga blocks him with her head

タイガが「ワンッ!」と言って脅したのでチャンプ君がひるみましたが、私はすかさずタイガにチェックをいれておもちゃを没収。子犬相手に大人気ないのは注意します。
As Taiga barked, I took the toy away


ラブのイリスちゃんが乗った車が到着したので、タイガは待ち伏せしています。シッポを回転させながら狙いを定めています。
Taiga has soptted her friend and waits to ambush her

イリスちゃんが草地に入ってくると、タイガがじゃれつきました。ついひと月前までは自力で立ち上がることもできなかったのが、公園に来る刺激のおかげで、今では小走りで草地に入ってくるほど元気で、タイガもそれが分かるので遠慮なくじゃれついているようです。
Taiga wants to play

イリスちゃんは現在14歳の高齢で、以前は白内障の始まりのように白く曇っていた目も、なぜかクリアになっています。本当に奇跡のような変化です。
14-year old Labrador in miraculous recovery
Only a month ago, she couldn't even get up

チャンプ君とレオ君までじゃれついて挨拶しています。

チャンプ君が見つけた木の枝をレオ君が狙っています。
Leo wants Champ's piece of wood

生後数か月のチャンプ君と1歳半のレオ君ですが、どちらもスコットランド原産のがんこなテリアなので、お互い譲りません。
Neither of them giving up

今日初めてみるフレンチブルドッグが登場。
A new face, French Bulldog, 7 years old

見知らぬ犬が来たので、興味津々で皆が集まってきます。
He gets greeted by everyone
 7歳になるそうですが、若造たちに臭いをかがれても怒りません。

小型柴のゴンちゃんも来ました。
Mini Shiba Inu: Gon

今日で8歳の誕生日を迎えた、ラブミックスのコタロウも登場。タイガはコタが大好きですが、
Lab-mix: Kotarou, birthday boy! (8 years old)

おやつタイムとなると我を忘れて一番乗り。

コタはラブラドールの遺伝子が強く出ているので、食べ物への執着は尋常ではありません。おやつと見ると、踊り食い。

スコティッシュテリアのレオ君は脚が短いので、おやつで皆が集まると自分が埋もれてしまうのをカバーするために、ジャンプしてアピールします。垂直に上方向にジャンプできます。




またしてもドーナツを作りました。今度は小さいマフィン型でくり貫いたので、20cmスキレットで2個同時に余裕で揚げられました。
Donuts again
 今回のは一部を犬友に持っていくので、アイシングを少し工夫してみました。
 彼女のご主人の会社の関係で、チョコレートを提供してもらえたので、チョコのアイシングが多めです。